旅行・地域

2010年8月30日 (月)

お気に入り、トニーローマのスペアリブ

アメリカ出張の時には必ず食べに行くお気に入りのお店、トニーローマ
過去記事はここをクリック
今年の6月にオープンした京都駅前のイオンモールにそのお店が
関西で初出店したということを聞き早速食べに行って来ました!

Kyoto

このお店、人気があって休日は結構並ぶとの情報なので、
平日に行ってきました。

アメリカで行くお店はディズニーランドから車で20~30分くらいの
田舎にある、こんな感じのファミレスっぽいお店。

Fullerton

アメリカのお店の中はこんな感じ。

Fullerton2

こんな感じをイメージして京都店に行ったんですが、
全然雰囲気が違いました。
京都店はおしゃれです。
ファミレスって感じではなく、落ち着いた雰囲気で
なんか高そうな感じです。

注文は当然いつもと同じ「オリジナルベイビーバックリブ」。
それとなんか美味しそうな「スリーアペタイザーサンブラー」。

リブのお値段は・・・・。
 ローマラック:¥2,580
 フルスラブ:¥3,480

アメリカでは
 ローマラック:$20.25(約¥1,700)+チップ$3(約¥250)
 フルスラブ:$22.99(約¥2,000)+チップ$3(約¥250)

$1=\85ではこれですが、\100円でも日本の方が高いですね。
特に日本のフルスラブ高い!

値段はとりあえずおいといて、
しばらく待つと料理がやってきました。

まずは「スリーアペタイザーサンブラー」。

Onion
真ん中のオニオンローフが美味しそう!
特製ソースをかけて・・・。
美味しいです!

そして次はお目当てのリブ!

Kyoto_rib
あれ、アメリカより高いのにちっさい。
ちなみにアメリカはこれです。

Fullerton_rib
日本のはソースたっぷりかかってますね。

お味はどうでしょう?
パックっと。
お、同じような味!
おいしいです!

おいしいのですが、
むちゃくちゃおいしいかと言えば、どうかなぁ?
この程度だったかなぁ?
アメリカって食べ物おいしくないんですよ。
あまり美味しいお店ありませんでした。
そんな中で見つけたお気に入りのお店なのですが、
いつもまずいもの食べてたからめっちゃ美味しかったのかなぁ?
しかも最後の方はあきてきてしまいました。
日本のはソースつけすぎじゃね?
それにオニオン、脂っこすぎる。
おいしんですけどねー。
カロリー、大分高そうです。

おいしくはあったのですが、期待が大きすぎたのか、
なんかちょっと残念な感じになってしまいました。

| | コメント (2)

2010年8月16日 (月)

大文字 五山送り火

8月16日はお盆の最後、京都の大文字・五山送り火ですね。
学生の時以来、何十年ぶりかで大文字焼きを見物しました。

午後8時に最初の大文字が点火されました。

Daimonji
続いて”妙”・”法”が点火されたのですが、位置が低いため
よく見えませんでした。
次の船形が点火されているはずなのですが、ここからは見えません。
そして左大文字。

Hidari_daimonji

初めよく見えなかったのですが、
しばらくするとはっきり見えるようになりました。
そして最後は鳥居。

Torii
これで夏も終わりですね。
子供のころはこの後に地蔵盆があってそれがすっごく
楽しみだったのですが、
最近では地蔵盆をするところ少ないらしいですね。
だいたいお地蔵さんが少ないし。
地蔵盆の会場に自分の名前の入った提灯が飾られるのうれしかったなぁ。

昔は「夏の暑さもお盆まで」って言ってたような気がしますが、
今年はどうでしょう?
ここ何日間かは少しましなような気がしますが。
これからだんだん涼しくなってツーリング日和になりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 3日 (土)

福知山ランチツーリング ラーメン屋とん吉

今日はいい天気でそんなに寒くない!
時間は10時をまわったところ。
こんなツーリング日和はバイクに乗らなければもったいない。
そこで前から気になっていたラーメン屋、
福知山駅近くのとん吉に行ってみることにした。
距離は約100km、10時半に出発すれば昼過ぎには着けるでしょう。

一つ目の山を越え、次の山道に入った辺りから雲行きがあやしい。
篠山のあたりから福知山まで、パラパラと雨が降ってました。
しかも寒い!
天気予報、晴れだったのに。

とん吉には予定通り12時過ぎに到着。
なんと、10人以上並んでいるではないですか!
人気あるんですね。
期待できそう。
Tonkichi01
20分ほど待って入ることができました。
並んでいる人は多いけれど、結構回転が早いようです。

ここのラーメンはこってりで、天下一品のラーメンと似ているらしい。
天下一品のラーメンは過去に一回だけ食べたことがある。
この時は失敗でした。
たしかこってりを頼んだと思うのですが、
スープがシチューみたいで、どろどろなんです。
麺がスープにからまってあがってこない感じ。
これはダメでしたね。
食べたくないと思いました。
好きな人はそれがいいみたいですけどね。
もう一度行って普通のを食べて見たい気もしてたのですが、
行く機会がありませんでした。

とん吉もすごいこってりで、天下一品よりおいしいとの情報。
メニューはラーメンとチャーシュー麺で、
それぞれとんこつ、しょうゆ、ミックスの3種類。
ミックスってなんでしょう?
とんこつ醤油のことかな?
なんかわからん味が出てきてもいやなので、
無難なところでとんこつラーメンを注文。

待つこと10分以上、やっと出てきました。
Tonkichi02
スープの見た目はシチューではありません。
スープの味はまあまあ、どちらかといえば・・・・よいかな?
チャーシューは並み。
特にやわらかいわけでもなく、味がいいわけでもなく。
かといってまずいわけでもなく。
チャーシュをよけて麺を食べてみると、
うまい? まずい?
うーん、まあ、うまいにしとこか?
って感じ。
チャーシュー等がなくなってスープと麺が完全に
見えるようになると、
麺を持ち上げるとスープが絡み付いてきて
一気に減るのがわかります。
やはり、そうとうドロドロですね。
ゆらしてもスープがたいしてゆれない感じです。

麺を食べ終わり、スープを最後まで飲み干すのが好きなのですが、
このスープはだめです。
飲めませんでした。
まずくはないんですけどねー。
この種のラーメンは好き嫌いがはっきり分かれるんでしょうね。
私はだめな方でした。
ラーメン屋っていっぱいありますが、
気に入るお店ってなかなかないもんですね。

帰り道、行きとは違う道を通ったのですが、
ブラインドコーナーを曲がるとその先に、
なんと、野生の小鹿です!
道の真ん中に2頭もいます。
向こうも驚いて山の中に逃げて行きました。
カメラを出すまもなく見えなくなってしまいました。
落ち葉が多くコケも生えてて滑りそうなので
ゆっくり走っていたのですが、
ガンバって走ってたら危なかったですね。
以前にはたぬきがいたし、
さるや熊もでるし、丹波にはまだまだ自然が残ってますね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年9月14日 (月)

道後温泉

高速1,000円を利用して家族で松山に行ってきました!
結局は瀬戸大橋と大都市近郊が別料金なので2,700でしたが。
ま、通常は1万円以上するので大分違います。

中国道、西宮名塩SAあたりは以前から混んでいたので
覚悟はしていましたが、
この日は池田あたりから渋滞。
山陽道も結構車が走ってました。
高速1,000円になって車増えたみたいな気がします。
こんなん無料になったらいつも渋滞なのでは?
お金払ってもいいから渋滞なしで走りたいよなぁ。

まずは松山城。
ここは賤ヶ岳七本槍で有名な加藤嘉明が築いた城です。
Matuyama_3
江戸以前に築城された天守を有する城は12城しかありません。
松山城はその一つです。
リフトかロープーウェイで8合目まで登り、
そこから天守まで歩きます。
昔の人は毎日ここを登って登城してたんですね。
すごく大変です。
中では甲冑を着ることができます。
3着置いてあったのですが、私には小さいみたい。

松山城前でぜひ食べたいものが。
霧の森大福。
抹茶につつまれた大福の中身は餡につつまれた生クリーム!
うまそー!
お店を探していってみると・・・。
「本日完売しました」
し、しまったー!
お城に行く前に食べるべきだった。
今日はあきらめるしかありません。
こんどバイクで食べに来るか?

大福をあきらめ、メインの道後温泉へ。
Dogo_onsen_01
すごい人です。
ここは「霊の湯」と「神の湯」があり、
入る温泉と休憩室によって入浴料がちがいます。
カミさんが「霊の湯」入ったことあるってことだったので
今回は「神の湯」にしました。
一番安いのは休憩所なしなのですが、
この休憩所が風情があるということで休憩所付をチョイス。
Dogo_onsen_02
休憩所では浴衣を貸してくれます。
ここでは男女一緒で、女性だけ更衣室があります。
男は下着の上に浴衣をかけて風呂行ってくれってことです。
ここでパンツ一枚になって浴衣着ろってこと?

よこの階段を下りるとすぐお風呂でした。
お風呂は2つあったのですが、どちらもほぼ同じ。
すごく混んでます。
そして改築したのか現在の銭湯のようなお風呂です。
木造ではありませんでした。
なんかがっかり。
ぜんぜん歴史を感じられません。

風呂をあがると休憩室で熱いお茶とせんべいがでます。
風呂上りで暑いのに、熱いお茶って・・・。

しかし、ここから外をながめるといい感じです。
Dogo_onsen_03
夏目漱石の「坊ちゃん」の舞台、
そして「千と千尋の神隠し」の建物の参考となったところ。
お風呂よりこの休憩所がいいですね。

この日のディナーは口コミでさがしたお店「楊貴園」。
ここ、メニューがすっごく多いんです。
いろんな種類を食べてみたいと思っていたら
なんとハーフサイズがあるではないですか!
ほんと、口コミのとおり美味しかった!
そのなかでも一押しは「鶏唐揚げの甘辛ネギソース」。
すっごく気に入りました。
もうお腹パンパン。

お腹もいっぱいになり、あとは帰るだけです。
が、ちょっと眠くなってきました。
むかしはこれくらいのドライブ、
どうってことなかったんですけどねぇ。
歳ですかね。
高速乗って初めの休憩でギブアップ。
でも大丈夫?
ちょっと不安はありますが、今回は息子がいます。
運転を代わってもらいました。
どうせ運転代わってもらうんなら
がまんせずにビール飲めばよかったな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月23日 (木)

パリではスリにご注意!

仕事がスムーズに終わり、
1日余裕ができたので市内観光をすることができました。
歩いても行けるのですが、
時間短縮のため地下鉄を利用します。
14_metro
パリ市内は地下鉄で移動するのが便利です。
市内であれば1回1.6ユーロ(約230円)。
切符の販売機が分かりにくいんですが、
1回買えれば覚えてしまって簡単です。
10回券とか1日券っていうのもあります。

ホテル近くの駅から地下鉄に乗り、まずはルーブル美術館へ。
映画「ダヴィンチ・コード」に出てきたガラスのピラミッドは
絶対見ておかねば。
09_pyramid
ガラスのピラミッド、よかったのですが、
それよりルーブル美術館のすごさに感動しました。
これほど大きいとは。
そして建物がすばらしい!
元々はお城らしいのですが、日本のお城とは違いますね。
日本の城郭は戦闘の為であり、
信長以降の商業など町を活発にするような天守閣付きの
お城でさえ戦闘のための機能が十分にありますが、
フランスのは舞踏会など、貴族の贅沢のためって感じです。
10_louvre
展示品で最も有名なのはやはり「モナリザの微笑み」と
「ミロのヴィーナス」でしょうか?
モナリザはすごい人でした。
有名どころをみるだけでも3時間ほどかかりました。
ルーブル美術館は9時開館なのですが、
平日なのに11時過ぎる頃にはすごい人。
行くのなら開館すぐがいいようです。

ここからノートルダム寺院まで歩くことに。
途中に警察署があり、白バイが!
11_police
言葉が通じたらじっくり見せてもらいたかったんですが。
あわよくばまたがせてくれないかななんて。
残念。

フランスってバイクが多いみたいです。
08_bike
スクーターが走り回ってます。
日本の原チャって感覚ですかね。
日本と違って駐輪場がたくさんあるようです。
いいですよね。
CB750は2台ほど見かけたんですが(たぶん)、
CB1300は見かけませんでした。
やっぱり大型になるとヨーロッパ車なんですかね?
手前のスクーターのように、ハンドルから座席あたりまでの
カバーが流行っているようでした。
あと、タンクカバーをかぶせたバイクもわりとみかけました。

ノートルダム寺院に着いたのですが、
すごい人がならんでいます。
12_nortre_dame
中のステンドグラスが見たかったのですが、
これならんでると日本時間は夜中になってしまって、
連絡取りながらのショッピングができなくなるので
後回しにして地下鉄でシャンゼリゼ通りへ。

その後は一旦荷物を置きにホテルへ戻り、エッフェル塔へ。
13_eiffel
入り口が3箇所あるけど列の長さが違うので、
係りらしき人に聞いてみると
歩いて登るかエレベーターで登るかの違いがあるらしい。
エレベーターはこっちと言われたところにならんで30分。
チケット売り場で「ここは階段ですけどいいですか?」って。
そ、そんなー!
でもまたならぶのいやだし、しかたなく3階まで階段で。
もう大変。
やっと3階に着くとすっごい人!
みんな最上階に上がるためのエレベーターにならんでるんです。
チケット買ったのでしかたなくならびます。
エッフェル塔は金網でふきっさらしです。
夏というのに寒い!
しかも雨まで降ってくるし。
30分以上ならんでやっと最上階へ。
すっごくいい景色。
きっと夜景がきれいなのでしょう。

降りるのにまたならばなければなりません。
エレベーターで3階に降り、私はそこから階段。
しかし、意外と階段正解でした。
下に降りるエレベーター、すっごくならんでます。
やっとこさ階段で下まで降りると・・・・。
足が限界。
震えて来ました。
そして思ったより時間がかかってしまい、
ノートルダム寺院は閉館の時間なので、
しかたなく食事にしてホテルに戻りました。

最終日、空港行き直行バスの乗り場まで地下鉄で。
駅構内はエレベーターがなく、
階段をスーツケース持ってゆっくり降りていると
なんかジャケットが引っかかっているような違和感が。
何?っとみると人がせっまい側を通って行きました。
反対側はすっごくあいてるのに。
「あ!」っと思ってポケットを押さえると。
ありました、財布。
しかし、閉めたはずのポケットのチャックが開いています。
もう少し気づくのが遅ければ・・・・。
危ないところでした。
会社の人、2人もやられてますからね。
1人は地下鉄で財布を。
もう1人はピザ屋で足元に置いたカバンを。
パリはスリが多いそうです。
皆さん、十分ご注意を。
そしてできるだけとられにくいような対策をしましょう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月21日 (火)

フランス パリ!

昨日海外出張から帰国しました!
今回の行き先はフランス!

関空からシャルル・ド・ゴール空港まで約12時間半。
エール・フランスの機内食、わりかしおいしんです。
途中でサンドウィッチやカップ麺、ハーゲンダッツを
自由に食べることもできます。
酒類も無料。
ユナイテッドとは大違い。
ユナイテッドは食べ物まずい上に350mLの缶ビールが
5ドル(500円弱)しますから。

入国審査は簡単。
質問もなし。
これもアメリカとは大違い。

ホテルに到着したのは午後8時前でした。
日が落ちるのは午後10時前のため、まだ外は真昼間。
早速パリ見物にでかけました。

まずは凱旋門。
01_arc_de_triomphe_2 
ここからシャンゼリゼ通りを歩き、
セーヌ河にそってエッフェル塔までぶらぶらと。
02_eiffel
エッフェル塔がもう閉まって上れなかったので、
シャンゼリゼ通りのヴィトン本店に行ってみましたが、
さすがにここも閉店。
03_vuitton
やっと日が暮れてきたので、凱旋門からパリの夜景を見物。
凱旋門はらせん階段をくるくる登って上までいけるんですよ。
入場料は9ユーロ。
04_arc_de_triomphe2
上までくるくる、かなり疲れました。

凱旋門の上からはきれいなシャンゼリゼが見えます。
05_arc_de_triomphe3
時刻は午後11時前ですが、日本時間は午前6時前。
日本で朝起きてから約24時間たっています。
さすがに疲れてきたし、明日からの仕事もあるので、
この日はこれでホテルに戻ったのでした。

フランスでの仕事はTGVという日本の新幹線のような列車で
ボルドー方面に約2時間半行ったところです。
午後5時ごろに終わるのですが、
外はまだまだ真昼間。
レストランを探しながらぶらぶら見学。
06_niort01

この先で見つけた大きな教会、
だれもいないのですが、ドアが開いていて入ってもいいみたい。
そこにはきれいなステンドグラスが。
07_niort02
こんなきれいなのがたくさんありました。

街まで戻ってレストランへ。
メニューをもらって・・・・。
まったくわかりません。
フランス語でかかれると何なのか想像もつきません。
英語のメニューでもあれば。
って英語たいしてわからないので英語で応対されても
どうしようもないのですが、英語が通じるとほっとする、
不思議な気持ちに。
しかし田舎のレストランにそんなものありません。
どうもステーキらしいメニューを見つけてそれを注文。
出てきたのはステーキにクリームソースがかかったもの。
おいしいです。
お昼に出された昼食もですが、フランスの食事、おいしい。

そしてデザート。
メニューの写真にあった、プリンでカラメルを焼いたもの。
すっごくおいしい。
いやー、おいしくて食べ過ぎました。
もう、胃がいたくなりそう。
この日は胃薬を飲んで寝たのでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年6月 9日 (火)

久しぶりにラーメンてっぺいに行ってみたけど

久々にラーメンてっぺいに行ってきました。
Tepei_01
前回チャーシュー麺にしたら煮卵が入っていなかったので、
今回はてっぺいラーメンにしました。

まずはいつものようにスープを一口。
あれ?
こんな味だったかなぁ?
麺をたべてみると。
これも?
おっかしいなぁ。
もっと美味しかったはずなのに。
煮卵を食べてみると・・・。
し、塩っ辛い!

自分の味覚が変わったのか?
店の味が変わったのか?
カミサンに聞いてみると。
「私はあまり好きな味ではない」と。
残念ですが、私はもう行かないでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月 8日 (月)

東播磨の闘竜灘

ホタルを観にいく道すがらふと横をみると。
ごつごつ岩が川いっぱいに広がっています。
Toryunada_01
何これ?
ちょっと寄り道してみました。

Toryunada_03
ここは「闘竜灘」というところらしい。
川いっぱいに岩が広がっているため、
荷物を運ぶのに江戸時代までは上流で一旦荷物をおろし、
下流でまた積んで運んでいました。
そのためこのあたりは中継地として大いに栄えていました。
明治時代にダイナマイトで岩盤が切り開かれ、
船の通る水路が作られました。
Toryunada_02_2
たまたま通った場所ですが、すばらしい景色です。
町の中に突然こんな山の中のような景色がでてくるのも不思議。
いいところを見つけました。
近くに無料の大きな駐車場もあります。
ただ、お店などの休憩するところがありません。
料理旅館があるくらいです。
道の駅とかになっていたらツーリングで休憩をする
絶好のポイントなんですが。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年6月 7日 (日)

ホタルの宿路

ホタルを観に行ってきました!
Hotaru_01
場所は中国道滝野社ICから約15kmほど行ったところの
兵庫県多可町八千代区俵田。
野間川沿いに約2万匹が乱舞しています。
駐車場は何ヶ所かに用意されており、
無料なのですがホタル育成協力金として500円が必要。

夜店も出ていました。
Hotaru_02
まだ明るいうちに到着したのですが、
そこそこの人出です。
日が暮れるころにはすごい人。
ホタル保護のためか河原には降りることはできません。
土手の柵から観るのですが、柵前は満杯です。

土手でホタルを待っていると・・・。
すぐ後ろの草むらの中に光が!
ホタルです。
しばらくすると向こう岸のあちこちで光が!
Hotaru
だんだん増えて来ます。
こちらにふわふわ飛んできた光に手を出すと、
それをよけて飛んでいきます。
ちょっと歩いて斜めからみるとすごい!
まるでクリスマスツリーです。
正面から見るよりすばらしい景色です。

一度にこれだけのホタルを観たのは初めてでした。
これからも毎年ホタルを観れるように守って欲しいですね。

| | コメント (4)

2009年5月24日 (日)

鳴門の渦潮

高速\1,000を利用して鳴門の渦潮を見てきました。
\1,000って言っても大阪近郊除外と明石大橋は
別料金なので2,000円以上するんですが。
なぜ別なんでしょうね。
全線で1,000円にしてくれればいいのに。

高速を鳴門北I.C.で降りて少し行った所に観潮船乗り場があり、
大型の船と、小型で水中展望室がついた観潮船があります。
水中を見るのも面白そうなので、水中観潮船に乗りました。
Naruto_01
初め水中展望室に入って渦潮に向かいます。
渦潮のところでは水中に気泡が巻いているのが見えます、
って乗務員は説明するんですが。
わかりません。
窓の外は緑一色。
たまに気泡が。
うずなのか、船が動いているからなのかさえわかりません。
甲板に出てみるとすごいうずです。
Naruto_02
大鳴門橋の下はうずがいっぱい。
あちらこちらにうずができては消えていきます。
最速時の前後90分がみごろらしいです。
うずがない時間帯もあるようなので、
時間を調べて乗船しなければなりません。

今回は水中展望室に期待していたのですが、
これは失敗でした。
何も見えません。
小型船なので甲板狭くて人多いし。
しかも普通の船より乗船券高いのに。
ここには大型船もあるのでそちらの方がよさそう。
Naruto_03
大型船は1等と2等があって値段が違いました。
船の1階は人がいっぱい乗ってたけど、
2階にはあまり人が乗っていなかったので、
1等は2階になるのかな?

他の乗り場からは帆船も出ています。
Naruto_04
こちらの方が風情があっていいかも。
お客さんは多いみたいです。
帆船は予約ができるようなので、
潮見表で時間を調べて予約したほうがいいでしょうね。

船を降りたのは12時前。
お昼はおすすめの食事処「びんび屋」に向かいました。
乗船場から十数キロ、約30分です。
海沿いのR11を走って行くと見えてきました!
前まで行くとすっごい人。
店の中から外まで待っている人が長蛇の列。
駐車場も満杯で、大型バスまで止まっています。
すっごく待たなければいけないようなので
今日はあきらめて、鳴門市街でうどんを食べて
鳴門をあとにしたのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧