« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月31日 (日)

サンタモニカの風

La080830_01 カリフォルニアに
数あるビーチの中で
知名度No.1のビーチ、
サンタモニカ。
絶対に行っておきたい
エリアの一つでした。
さすが歌にもなるくらい
いいところでした。
サンタモニカのシンボル的な存在がサンタモニカピアです。
1909年に造られた木造の桟橋で、この桟橋の上に
遊園地があり、ジェットコースターや観覧車があるんです。
La080830_03 レストランもありますし、
ピアノやサックスの
ストリートライブも
やってました。
そしてピアの突き当り
では多くの人が
魚釣りをやってました。

La080830_02 このあたりは
アメリカ西海岸の
イメージですね。
リゾートって感じです。
やはりここにくると
日本人をちらほら
見かけます。
聞き耳たてて歩いていると日本語が聞こてきました。

景色を見ながら歩いていると英語で日本の女の子グループに
「写真をとってもらえませんか」と話しかけられました。
「いいですよ」と日本語で答えたのにまだ英語です。
だから「日本語でいいですよ」って言ったんですが、
本当は「英語わかりません」なんですよねぇ。

お昼になったので、サンタモニカピアをあとにして少し歩き、
サード・ストリート・プロムナードに向かいました。
La080830_04 ここは3rd street
が歩行者天国に
なっている所で、
レストランや映画館、
若者に人気の
流行の店などが
並んでいます。
ストリートライブや大道芸もやってました。
ここでイタリアンレストランに入って昼食にしました。
なかなかおいしかったのですが、多いんですよねぇ。
アメリカ人はよくたべるから普通なのでしょうけど。

観光地やビーチに行くと、いつも駐車場に困るのですが、
サンタモニカには無料の駐車場があってたすかります。
このあたりのお店が出し合って3時間無料にしているらしいです。
3時間っていっても入場などのカードもなにもないので、
実際にはいつまでもとめれるようです。
ビーチの駐車場は$10するし、パーキングメーターでは
2時間までなのでありがたいです。
無料駐車場はサンタモニカプレイス周辺に何ヶ所か
あります。
サンタモニカプレイスですが、現在立替中で、
リニューアルオープンは2009年秋らしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月27日 (水)

アメリカ西海岸のツーリング ホエールウォッチングスポット

La080826_01_2  アメリカの道路、
路面があれていて
すごく走りにくいです。
とてもバイクで
かっ飛ばす気には
なれません。
そんな中、
路面もきれいで景色もきれいな
ツーリングにぴったりな道を見つけました。
ロサンゼルスから海岸方面に向い、
そして海岸線をずーっと南下します。
La080826_02 このあたりは
ビーチが続いて
いるため、
夏の間は混みます。
ビーチが終わる
あたりから車も
少なくなり、
そして路面がきれいで走りやすい道になります。
ここから続く海岸線は太平洋を望む、
絶景ポイントが連続します。
ところどころに駐車場もあり、
ゆっくりと景色を楽しむことができます。
道はくねくねでもかっ飛ばすような道でもなく、
ゆっくりと景色を楽しむツーリングになるでしょう。
この道をしばらく走ると右手に小さな灯台、
Point Vicente Lighthouse(ポイントビセンテ灯台)が
見えてきます。
灯台は毎月第2土曜日のみ公開となっているようです。

La080826_03 灯台の直ぐ横にあるのが
Point Vicente
Interpretive Center
(ポイントビセンテ
利用案内センター)です。
中には博物館があり、
くじらについていろいろ
展示してあります。
小さなショップもあります。
そしてここからは、くじらたちが見えるそうです。
ホエールウォッチングスポットのようです。
双眼鏡で海を見ている人が数人いましたが、
くじらを探しているのでしょうか?
センターの周りは公園になっており、
絶壁の海岸線を散歩できるようになっています。
La080826_04 その公園の中で
みつけたこの立て札。
ガラガラヘビ注意!
日本でもよくみる
「マムシに注意」と
同じですね。
野生のガラガラヘビ、
ちょっと見てみたい気もします。
ポイントビセンテをあとにしてさらに南に走ると
路面が荒れてきます。
気持ちのいい道はあまり長くはありません。
すばらしい景色はずーっと続くんですけどねえ。
ロサンゼルス近辺、きれいな道がなかなかないんですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月26日 (火)

全面ガラス張りのチャペル

La080825_01 ロサンゼルスから
海岸沿いを南に
走るとたくさんの
ビーチがあります。
このビーチを
過ぎると、
太平洋を望む
絶景ポイントが現れます。
La080825_02_2 そんなそんな中
にあるのが
Wayfarer's Chapel
(ウェイフェアーズ
チャペル)です。
ここのチャペルは
全面がガラス張り
なんですよ!

La080825_03_2 小さな教会ですが
太平洋を望み、
木々に囲まれ、
静かで落ち着いた
ところです。
初めに訪れた時は
木漏れ日の中、
ひっそりと結婚式が行なわれていました。
La080825_04 ここで結婚式を
終えると、
レンガ畳に
名前が刻まれて
いくんです。
すごくいい雰囲気
の教会です。
一度訪れてみてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月24日 (日)

グリフィス天文台 ロサンゼルのおすすめポイント

La080823_01 2006年末に
リニューアル
オープンした
グリフィス天文台。
プラネタリウムや
天文学を楽しみ
ながら学べる
60もの展示があり、
とても興味ぶかいものばかりなのですが、
残念ながら英語が理解できませんでした。
この天文台、英語がわかればきっともっと楽しめるのでしょう。

オープン当時は予約しないと入れなかったらしいのですが、
現在は予約は要りませんでした。
プラネタリウムは$7ですが、展示は無料で入場できます。
夜にはたくさんの人が展望台にならんでおり、
どうも望遠鏡で星がみれるようです。
これはどうやれば参加できるのかわかりませんでした。
また駐車場も無料です。
しかしあまり広くはありません。
そのため途中の道にたくさんの車が路上駐車しています。
あれだけ駐車しているということは駐禁こないんでしょうね?

La080823_03 このグリフィス天文台、
ロサンゼルスを一望
できるということで、
人気のスポットに
なっています。
ダウンタウンから
ハリウッド、
ほんとすばらしい眺めです。
そして一番人気はここから見る夜景です。
La080823_05 昼間の景色から
するとさぞすばらしい
ことでしょう。
1000万ドルの
夜景といわれる
六甲の摩耶山と
どちらがすばらしいか?
夜景をみるためにずいぶん待ちました。
あたりが暗くなって、だんだんすばらしい夜景に変わってきます。
このころになるとどんどん人がやってきます。
夜景スポットで有名なので、夜の方が人が多いようです。
夜景もはすばらしい景色でした。
が、ロサンゼルスは排ガスによるスモッグが多く、
そのために光がきれいにとどきません。
残念です。
夜景は六甲の勝ちです。

La080823_02 ハリウッドサインは
ハリウッドから見える
のですが、
遠いため小さく、
そしてスモッグにより
かすんでいます。
グリフィス天文台は
ハリウッドサインにも近いため
ハリウッドから見るよりはっきりと見ることができます。
ちょっと斜めからになってしまうのですが。

La080823_04 昔から数々の
映画のロケ地と
してもグリフィス
天文台は
使われてきました。
その中でも
最も有名なのが
ジェームス・ディーンの「理由なき反抗」です。
その記念の像がハリウッドサインが見える位置にあります。
このジェームス・ディーン、似てません。
ターミネーターのロケ地にもなったらしいです。
理由なき反抗のロケ地と言われると「あのシーンか」と
思い出されるシーンがありますが、
ターミネーターはわかりませんねえ。
帰ったらみなおしてみなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月23日 (土)

メジャーリーグ観戦

La080822_03_2 アメリカに来たなら
メジャーリーグ観戦は
行っておかないと。
今日はエンゼルスの
ホームゲームがある
ということなので、
仕事が終わってから
出かけてきました。
チケットは当日券です。
窓口で買うと税金と手数料がかかりません。
どうやって買うのかちょっと不安でしたが、なんとかなるでしょう。

ハイウエイを降りて道なりに行くとそのまま駐車場入り口でした。
駐車場代は$8。駐車場、すごく広いです。
目印がないと迷いそう。
La080822_04 駐車場で迷うのは
ユニバーサルスタジオ
で懲りているので、
スタジアムからは
遠くなりますが、
一番わかりやすい
エンゼルスの塔の
近くに止めました。

チケット売り場はたくさんあるのですが
閉まっているところばかりです。
今日は正面入り口のところでしか販売
していませんでした。
チケットの購入は簡単でした。
座席表を指差してこのあたりがほしいと言えばいいだけです。
座席は内野が3階まであり、値段が手ごろで見やすそうな
内野の1階の上のほうか2階あたりを考えていたのですが、
内野は3階もふくめて売り切れ。
あと同じくらいの値段では外野になります。
ま、甲子園でもライトスタンドはおもしろいところなので
いいかということでライトスタンドを購入しました。

ゲートでは手荷物検査があり、カバンの大きさが
規制されていると聞いていたのでカバンはもたずに
でかけました。
そしてゲートをくぐろうとすると「ちょっと待て」と。
係員が汗を拭き出しました。
「おい、おい」と思ったらまわりの係員も手を止めて
スタジアムの方を向きました。
するとアメリカ国歌が流れてきました。
試合開始10分前に国歌斉唱があり、
その時は全員手を止めるようです。

La080822_05 国歌斉唱も終わり、
無事座席について
グランドを見ると・・・。
日本では1塁側が
ホームチームですよね?
アメリカはホーム
チームは3塁側でした。
ま、どちらでも
いいんですけどね。
メジャーリーグではファールボールも観客がもらえます。
これも楽しみの一つなのでやっぱり内野がよかったなあ。
日本もそうすればいいのにと思います。
ボール代なんてファールボールを回収にまわる人の
アルバイト代よりも安いものだと思うのですが。

アメリカの人たちは娯楽を楽しむのがうまいように思います。
ユニバーサルスタジオ等のショーでもそうでしたが、
楽しんでいる事を体や声で表し、その声でまわりも楽しくなる。
今日のメジャー観戦もまわりにのせられて楽しく見れました。

試合終了後、観客に動きがありません。
この後何かあるのか?
混むのをさけてゆっくりしているだけか?
なんて思っていると外野の照明が消えました。
暗くなる前に帰るかと思って歩き出すと内野の照明も消えました。
しかし電光掲示板ではエンゼルスのビデオが流れ、
スピーカーはまだガンガンになっています。
そのうちカウントダウンが始まりました。
「5・・4・・3・・2・・1」 ドーーーン。
花火が始まりました。
約10分ほどですが、休みなくきれいな花火があがりました。
メジャーリーグ観戦、なかなか楽しめました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月19日 (火)

アメリカの吉野家の牛丼

La080818_01 一度行かなければ
と思っていたお店、
吉野家に行きました。
牛丼、こちらの名前は
ビーフボウル。
大きさはレギュラー
とラージ。
ラージを頼みたいところですが、
肉類はいつも量が多かったので、レギュラーにしました。
値段は税込$3.74。約400円。
出てきた器はたいして大きくありません。
ラージにすればよかったと後悔です。
生姜も七味も付いていません。
そして当然割り箸はありません。
付いてくるのはフォークです。

さてお味は?
肉の量は多いです。日本の倍近いのでは?
しかしご飯がすくない。2/3以下か?
器の下半分がご飯、上半分が肉という感じです。
たれは少なく、あまり入っていません。
肉は日本の吉野屋とは違う感じのもので、
ちょっと硬いです。
味はちょっと塩辛い味です。

やっぱり日本の吉野家がいいですねぇ。
あー早く帰りたい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月18日 (月)

ハーレーが似合う町 オールドタウン

La080816_11_2 テメキュラの
オールドタウンは
19世紀後半から
20世紀初頭に
かけての、
昔ながらの
木造建築が保存
されています。
Front St.の両側はアンティークショップが並んでいます。
La080816_13 ほとんどのお店が
陶器やガラス製品
なのですが、
そのなかで見つけた
このお店!
店の前には馬の鞍。
窓には古いライフルが。
中に入るとジョン・ウェインが使いそうな拳銃も。
子供のころあこがれた銃や腰にまくホルダーがそこにあるんです!
そのほか幌馬車の鞭とかインディアンのナイフとか。
西部劇の大好きな私はもうどれもこれも興味あるものばかり!
それが売ってるんですよ。
ライフルも拳銃もどうも本物のようです。
古くて使えないかもしれませんが、買うことはできません。
しかしワクワクするお店でした。

La080816_14 少し行くと
ハーレーの並んだ
お店が。
きっとツーリングに
来て休憩しているの
でしょう。
やっぱりこの町は
アメリカンが似合います。
そう思いながら歩いていると後ろからドッドッドっといい音が。
La080816_15 これですよ!
イメージピッタリの
アメリカン・ライダー。
どっしりとして
半ヘルでひげ面。
この町でみかける
バイクはほとんどが
アメリカンタイプのハーレーです。
もう少し行くとイベントをやっており、その前にたくさんの
ハーレーが置いてあります。
La080816_16_2 そして同じ
Tシャツ。
もしかして
ハーレーの
試乗会か?
ハーレーに
乗れるのでは?
と興味あるそぶりでよって行きます。
するとTシャツのおじさんが話しかけて来ました。
そら来た! やっぱり。 チャンス!
と思い、ニコニコとしていると、どうも様子が違う。
よーく聞いていると、あのバイクは自分ので・・・・・と
自分のバイクの自慢話のようです。
どうやらオーナーズミーティングみたい。
それでハーレー多かったのか。
ま、しかたがないのでわからん英語で
自分のバイクはホンダの1300ccとか言ってたら、
おじさんが、おー、高速タイプ。
自分たちのはツーリングタイプだから。
とか言ってるようです。
CB1300SBもどちらかといえばツーリングタイプだと
思うのですが。
しかしバイクの話なら言葉わからなくても
ある程度通じ合えるものですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月17日 (日)

熱気球 ふわふわと空の散歩

La080816_01 一度乗ってみたかった
熱気球のフライトツアー。
ディズニーランドから
車で約1時間、
ダウンタウンから
約1時間半のところに
あるテメキュラという町で
行なわれています。
昼は暖かく、夜は冷え込むテメキュラの気候はぶどう栽培に最適。
そのためこの町にはぶどう農園と25以上のワイナリーがあり、
ワイナリーで試飲するツアーもあります。
このぶどう農園の上を熱気球で飛ぶのです。

熱気球フライトは日本の旅行会社のオプショナルツアー
もあるのですが、手数料が入って割高です。
しかし現地直接では英語がと思っていたところ、
マジカルアドベンチャーズは日本語で申し込め、
現地に集合すれば旅行代理店より約9千円も
安くなるではないですか。
早速メールで申込みました。
集合時間は朝の5時45分。
今こちらはサマータイムで1時間早めのためあたりは
まだ真っ暗です。
そして集合時間になりました。 が、だれも来ません。
「もしかして場所間違えた?」
不安になり、日本語対応の電話に連絡しますがつながりません。
しかたがないので英語対応の電話に連絡し、
「日本語わかりますか?」と聞くと「少し」との返事。
ほっとして誰もこないことを伝えると、
あと5分待ってくださいとのこと。
集合場所は間違っていませんでした。

後ろに大きなトレーラを付けたワゴン車が迎えに来ましたが
だれも乗っていません。もしかしたら1人?
なんて思いながらトレーラーの後について行きます。
着いたのはガイドブックにものっている
サウスコースト・ワイナリー・リゾート&スパ
ここの駐車場であと2家族と合流しました。
ここからワゴン車に乗り込み、テイクオフの場所に移動です。

La080816_02 準備中の熱気球が
あちこちに見えます。
自分たちの気球も
車から降ろされ、
どんどん膨らんで
いきます。
1つ、また一つと
次々に上昇して行きます。
今日の参加者は8名。スタッフを入れると10名になります。
かごも小さいし、こんなに乗って大丈夫か?
と思いましたが、十分のれました。

やっと準備が整い私たちの熱気球もテイクオフ!
上昇しているのがわからないくらい静かに、
しかし素早く上昇していきます。
La080816_04 あっというまに
他の気球より
上にいます。
なんと地上600m!
しかし全然怖く
ありません。
マンションの
ベランダからの景色のようです。
熱気球はこんな高いところから、かごの下が果樹園に
触れるくらいの低いところまで、
自由に上昇したり下降したりして空中散歩を楽しみます。
約1時間の空中散歩。
すごく気持ちのいいものでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月16日 (土)

貨物列車

La080815_01 ながーい、
ながーい
貨物列車。
列車の先頭
見えません。
お尻も
見えません。
いったいどれほど続くのか?
踏切から次の踏み切りも越えます。
たまに停車することもあるんですよ。
踏み切りで待っている車は、止まった列車が動き出すのを待っている。
イライラしないんですかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月15日 (金)

ガソリン価格

La080814_01_2 本日のガソリン価格。
397と9/10?
よくわからない表示
です。
これは$3.979のこと
らしい。
最後の9/10は¢0.9
のことで、安くみせるためらしい。
日本の298とか398の表示みたいなもんですね。

さて$3.979は安いのか?
アメリカはガロンで計算します。
1ガロンは4.54609リットルなので、リッター表示にすると$0.875/L。
今$1が約\110なので、\96.3/Lです。

ガロンにも英ガロン、米国液量ガロン、米国乾量ガロンとあり、
1ガロンはそれぞれ、4.546L、3.785L、4.405Lと違いが
あるらしい。ややこしい。
アメリカのガソリンの販売は米国液量ガロンで扱われると
いうことなので、$1.051/L。
$1を\110として計算すると\115.6/Lとなります。

日本の半値に近い!
安いですね。これでも1.5倍以上に値上がりしたらしい。
この値段なら愛車のボルはガソリン気にせず走れるのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月13日 (水)

夕焼け空

ロサンゼルスのあたりはもともとは砂漠地帯。
雨はめったに降りません。
そのため湿度が低くくカラッとしており、雲もあまりありません。
La080812_01_3 今日、部屋から
出るときれいな
夕焼け空。
めずらしく雲があり、
茜色にそまって
います。
いそいで部屋に戻り
カメラを取り出しました。
雲があるときは湿度が高いそうなのですが、
そんなに暑く感じません。
日が暮れると肌寒く、長袖がほしくなります。
昼と夜の温度差が大きいようです。
やはり砂漠の気候なのでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月11日 (月)

ロサンゼルスのダウンタウン

今日はダウンタウンに行ってきました。
そしてえらいことになりました!
それは後ほど。
La080810_01_2 ダウンタウンの市庁舎は
27階に展望室があります。
しかも無料で入れるという
ことで、
本日観光するあたりを
まずは上空からと行って
みました。
このあたり、人気がありません。
そういえば今日は日曜日。
お役所は土日休みだからでしょう。
ってもしかして市庁舎も閉まっているのでは?
行ってみるとやっぱりです。
ガイドブック、それぐらい書いとけよ。
なんて思いながら見返すと、「市庁舎周辺に行く時は
必ずDASH(バス)を使うこと。周辺は人気があまりないので・・・」
と書いてあります。
どうやらこのあたりは危険のようです。
しかしDASHといわれてもバス停わからないし、
人気のないとこで待ってるのも危ないのでは?
いそいでリトルトーキョーに移動です。
La080810_07 高野山の別院が
ありました。
やはりこのあたりは
仏教なのでしょうか?
本殿はどんなもの?
と思ってのぞいて
みたのですが、
高野山のイメージとは違うものでした。
La080810_03_2 もう少し先に行った
ところに、
櫓が立っていました。
この櫓あたりが
中心のようです。
このあたりも人がいません。
ダウンタウンは
オフィス街なので、今日は人が少ないとしても、
観光客はいないのでしょうか?
観光らしい日本人にあいません。
日本は今お盆休み。
こっちには来ていないのですかね?
La080810_02_2 櫓の通りの奥に
お店が並んでいました。
今川焼きなんてのも
あります。
昼食後、おやつに
食べることにしましょう。
くるくる寿司がありました。
一皿$2.5。高い!
ここの通り、すぐに終わってしまいました。
この向こうには店はなさそうです。
La080810_04_2 リトルトーキョーのはずれ
から見た町並みです。
あのビル街が中心部
でしょうか?
しかしチャイナタウンとは
逆方向なので、
時間があったら
向かうことにします。
リトルトーキョーってこれだけ?
もう見るところもないので、チャイナタウンに向かいます。
La080810_05_2 途中でちょっと寄り道。
「天使のマリア大聖堂」
です。
ここは6000人も収容
できる大聖堂があります。
今日は大きなミサが
開催されており、
ほとんどの席がうまっていました。

La080810_06_2 この龍の門の向こうに
チャイナタウンが
広がります。
横浜の中華街をイメージ
していたのですが、
全然違いました。
ここは中国系の人の
生活の場という感じです。
チャイナタウンは広く、疲れて全部回ることはできませんでした。
中華街でないのなら寿司食べようと思い、リトルトーキョーに戻ります。
これが間違いでした!
もう1時半になろうとしているし疲れたので、
DASHというバスに乗ることにしました。
このバスは市内を環状に走っていて、
降りたところから乗れば出発地につけるらしい。
ガイドブックのマップによれば、土日はチャイナタウンを
回って、リトルトーキョーに行って、中心街に行くとある。
さっそくDASHのバス停を見つけ、待つこと20分。
やってきたバスに¢25(約30円)払って乗り込みます。
バスはチャイナタウンを回ったあと、なぜかもっとはずれに向かいます。
朝見た27階の市庁舎が遠くなります。
もう30分以上走っていますが、ぜんぜん戻る気配がありません。
不安になってきたころ、やっと市庁舎の方向に向かいだしました。
走ること1時間、市庁舎が大分大きく見えるようになりましたが、
まだまだ遠い。
すると「終点です」
え、えーーーーー!
終点って、循環して中心街に行くんとちゃうん?
ここどこ?
わからない英語で運ちゃんとなんとなく次のような会話、
「どこまで行くの?」
「リトルトーキョー」
「東京? ふぉふぉふぉ」
「ちがう、リトルトーキョー」
「とりあえず降りて、違うバス乗って」
「どこで」
「あっち、あっち」
あっちで違うバス乗れってバス停ありませんがな。
その辺の人にバス停どこって聞く会話力がありません。
えらいことになりました。
歩いて戻らなければなりません。
筋を間違えたら危険地帯があります。
こちらは拳銃という飛び道具もってますから。
通訳の人からもロサンゼルスで打ち合いみたことあるよ
とか言われていたのに。
バス乗ったら大丈夫と思っていたのに。
とにかく、車がたくさん走って、きれいで、
身なりのよさそうな人がいるところを選んで歩きます。
そのうちメキシコのお祭りを盛大にやっている地区にでました。
普通の家族連れや子供たち、お偉いさん風の人たちが
たくさんいます。
このあたりは大丈夫そうです。
そこを抜けると見覚えのある道が!
そうです、朝に駐車場を探してうろうろした道です。
ほっとしました。
車に戻り、乗り込みます。
リトルトーキョーに行く気もうせ、ダウンタウンをあとにしたのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月 9日 (土)

ディズニーランド

ロサンゼルに着たならやはりディズニーランドには
行っておかないと。ということで行って来ました。
080802_38 カリフォルニアの
ディズニーランドは、パークと
アドベンチャーパークが
あります。
パークは
東京ディズニーランドと
同じようなテーマパーク、
アドベンチャー・パークは
ジェットコースター等の遊園地です。
共通券を買えば両方入ることができます。
ユニバーサル・スタジオはじめ、どこいっても朝はすいているので、
朝8時の開園と同時にパークのアトラクションを一気に制覇
なんて思っていたのですが、朝から混んでました。
11時ごろにはすごい人になりました。
インディジョーンズなんて約1時間待ち。
パイレーツ・オブ・カリビアンも30分待ち。
子供たちが乗りそうなものはすごい列になっています。
でもスプラッシュ・マウンテンやスペース・マウンテンは
すぐに乗れました。
やはり小学生以下の家族連れがメインというところでしょうか。
080802_37 東京ディズニーランドとは
ちょっと違うお城です。
こちらのはずんぐりという
感じですね。

日本語のガイドマップが
入場門の左手の売店横に
あるのですが、
各アトラクション名は英語でごちゃごちゃと書いてあり、
大変みづらいです。
歩きながらだったら何かいてあるのかわかりません。
日本で最新のマップを購入して行く事をお勧めします。
このようなテーマパーク、入場時にパレードやショーなどの
スケジュール表をくれるのが普通と思っていたのですが、
くれませんでした。
080802_15 ショーやパレードは
見逃せないので、
売店でもらい、
各時間をチェック。
パークではパレードが2回、
ファンタズミックが2回、
花火が1回です。
アドベンチャーパークでは、
昼のパレードとイルミネーションパレードが1回づつあります。
080802_26 両方のパレードが
重なるところもあり、
アトラクションに
乗る時間や、
お土産を見る時間
を考えて予定を
たてないと、
パレードやショーがうまく見れないので注意です。

080802_36 パレードは道端に
座って待って
いられるのですが
ファンタズミックは
立って待つことに
なります。
そしてショーが
30分弱。
なかなかしんどいです。
ショーはというと「これだけは見逃せない!」
ということだったのですが、そうでもありませんでした。

今回ディズニーランド・カリフォルニアに行ってみた感想は、
わざわざ日本からこなくても東京ディズニーランドで十分か
という感じです。
スプラッシュマウンテンやスペースマウンテン、
東京と同じようなものです。
待ち時間が1時間程度というのが東京と比べてどうなのか
というところがわかりませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »