« 六甲山の夜景 | トップページ | ジョージアでDVDソフト »

2007年11月15日 (木)

京都府唯一の鍾乳洞

国道9号線を京都市内から福知山方面に走り、
途中で国道173号線を綾部市方面に8kmほど
進んだところに質志(しずし)鍾乳洞があります。
この鍾乳洞は小さくて狭いのですが、
地下を探検するような気分が味わえます。
071114_01_2鍾乳洞の入り口は事務所から
さらに山を登ったところです。
ここの鍾乳洞は急な階段があり、
動きやすい靴でないと危険なので
ハイヒールなどでこられた人用に
運動靴が用意してありました。

鍾乳洞の入り口から覗くと
下のほうに階段が伸びています。
この階段を降り、さらにもう一つ階段を下りた所が
071114_02_2 鍾乳石のメインのようです。
自然がこんな洞窟をつくる
不思議さを感じます。
光をもう少し幻想的にすれば
もっとすばらしく見えそうな気もしますが。

071114_02_1_2 ここから奥に行くには高さが
低いところがあり、かがみながら
行かなければなりません。
この先がよく見えなく、
狭いというところがいいですねえ。
この先がどうなっているのか、ワクワクします。
先に進んでみるとまた下に降りる階段がありました。
下をみると地下秘密基地に降りて行くような気分です。
いったいどこまで降りれるんでしょうか?
そして一番下はどうなっているのか?
071114_03 こんどの階段は階段というより梯子です。
手すりを握りながら降りるのですが、
濡れていて滑ること、滑ること。
途中からさらに階段が垂直に近くなります。
この階段は狭く、ショルダーバックでさえ少し邪魔になりました。

この急な階段を降りると、とうとう最下部が見えてきました。
一番下に何かきらりと光るものがたくさん。
降りていってみるとそれはお金でした。
水はないのですが、ここに来た人たちが
投げて行ったようです。
ここでも? って感じです。071114_03_1
一番下には横道があったのですが、
こちらは進入禁止です。
こういうところ、
なんか行ってみたくなりますよねえ。
ここから戻るにはまたあの急な階段を上らなければ
なりません。
階段が急なため、登っている時に脛をぶつけてしまいました。
鍾乳洞はひんやりしていると思っていたのですが、
ひごろ運動不足の私にはこの急な階段は
結構な運動になったようで、汗だくになりました。

今回、特に期待もせずに立ち寄ってみただけだったのですが、
結構楽しめました。
舞鶴方面に行くには9号線から27号線という方が多いと
思いますが、9号線をもう少し走って173号線経由で
ぜひこの質志鍾乳洞に立ち寄ってみてください。

|

« 六甲山の夜景 | トップページ | ジョージアでDVDソフト »

ツーリング」カテゴリの記事

ドライブ」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/440638/8923873

この記事へのトラックバック一覧です: 京都府唯一の鍾乳洞:

« 六甲山の夜景 | トップページ | ジョージアでDVDソフト »